花々とペット達の写真☆ 日々の思いを綴ります。 感謝を込めて! 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜中に凄い雨音で何度も怖い感じがしました。
今はお天気は持ち直して来て、しばらくは雨は一休みの予報です。

七夕の今夜が晴れて織姫と彦星が会えますように

一昨日・5日は命日で朝から忙しくしてました。
庭を掃除をしていると、大きなクロアゲハが飛び回ってました。
IMG_9986.jpg

写真を撮っていると住職さんが門から入ってみえて、「いいな!」「いいでしょ。」「柑橘系の木がある?」
「ほら、あそこに」 幼虫は柑橘類の葉のみを食べるそうです。
他のアゲハはなかなか止ってくれなくて撮れませんが、これはうまく行きました。
縁起がいいかかも知れないと、とても嬉しい気分になりました。
幼稚園の七夕があるそうで、住職さんはお経の後のお茶・話もそこそこに次のお宅に行かれました。

 もう終わったと思っていたカンパニュラに二度目のお花が咲きました。
IMG_1392.jpg

命日のお参りを無事に終えて、予定通り名古屋ボストン美術館へ行きました。

IMG_3168.jpg

アメリカのボストン美術館は、"東洋美術の殿堂"と称されます。100年以上にわたる日本美術の収集は、アーネスト・フェノロサや岡倉天心に始まり、今や総数10万点を超え、海外にある日本美術コレクションとしては、世界随一の規模と質の高さを誇ります。
本展は、その中から厳選された仏画に絵巻、中世水墨画から近世絵画まで、66件を前・後期にわけて紹介します。修復を終え、日本初公開となる曽我蕭白の最高傑作「雲龍図」をはじめ、長谷川等伯、尾形光琳、伊藤若冲なとの名品も勢揃い。かつて海を渡った"まぼろしの国宝"とも呼べる日本美術の至宝が一堂に里帰りします。

 展示品はもちろん撮影禁止ですが、入り口のこちらは撮ってもいいそうです。
IMG_6152.jpg

「平治物語絵巻」と「吉備大臣入唐絵巻」には長い列ができてました。
時間がかかりそうだったので、他から観ました。
仏画に惹かれるので、奈良時代・鎌倉時代・平安時代の菩薩像・曼荼羅図の前でジーッと観ました。
涙が出そうな不思議な感覚になります。
曽我蕭白(そがしょうはく)の最高傑作『雲龍図』の前には長椅子が置いてあり、私も空いたところを探して座って時間をかけて観ました。
自分の好きなように観られるので美術館は一人に限ります。
普通はどこへ行っても女性が多いですが、一昨日は男性が半数ぐらいで美術に詳しい人も多いようでした。
でもまったく美術が分からない私でも荘厳な気持ちになるから、不思議です。会期が長いから叉行きたいと
思います。今度は絵巻をゆっくり観たいから。

アメリカのボストン美術館へも行きたい! 二男がボストンに住んだら行くつもりでした。
こちらはとても一人では行けませんね。

 美術館に入るロビーの天井にかけられてました。仙台の七夕祭りの宣伝です。
 仙台も叉行きたいな!
IMG_7244.jpg

 akiの庭の紫陽花は日々不思議に変化してます。
IMG_1958.jpg

国土交通省は7月7日を川の日と平成8年に制定したそうです。「七夕と川」 連想できます。
http://www.japanriver.or.jp/kawanohi/

檀那寺の幼稚園の親子が、楽しそうに笹飾りを持って帰って行く様子が微笑ましい。 
息子達のその頃を思い出します。住職さんと「お互い年を取ったね。」

 ねじ花がひっそりと可愛い!
IMG_5554.jpg

友達がケアマネさんとの話で、舅さんのお風呂の時間等の希望が合わずに困っているようです。
あまり早く来てもらうと本人は寝ているし、姑さんも嫌がるしで・・・
先ず一ヶ月は我慢して下さいと言われたようです・・・
ここのところ毎日友達と介護の話をします。一応その点だけは先輩なので。でもアドバイスと言うより
愚痴を聞いてあげてる感じです。本当に彼女は大変!
 
 駐車場には今はこの可愛いお花がいっぱい咲いてます。新入りのようです。
IMG_9109.jpg

昨日はお墓参りに行きました。珍しく夫も行ったのでゆっくり境内の写真が撮れなくて残念でした。
紫陽花などを撮りたかったな。

その後は母のところへ行きました。いつものスポンジ菓子を買って行くと、とても喜んでもらえました。
いろいろ話をしているとヘルパーさんが眼科の受診の迎えに来ました。一階へ付いて行くと
入居者の人達が腰掛けて順番を待ってました。ケアをしっかりしてもらえるので有り難いです。
それにどの職員に会っても笑顔でこちらも明るくなります。

帰りに美容院へ行きました。今夜は妹家の会社主催のディナーショーに行きます。
堀内孝雄とのことです。出産が来月に迫った三男のお嫁さんと行きます。楽しみ!


森 麻季 - 霧と話した  
スポンサーサイト

【2012/07/07 11:35】 | 未分類
トラックバック(0) |


あざみ
気軽に美術館に行けて 良いですね

市内にあるのが いいな
こちらは 大阪か 神戸に行かなくては・・

最近は 面倒になって 出かけてない 
ボケるかな あははは


一人での行動
hirugao
akiさん

一人での美術館はいかがでしたか?
時にはいいものでしょう!
ゆっくり自分のペースで見られますしね。

でもご主人と一緒のお墓参りは良かったですね。
少しずつ変わって行けたらいいですよね。

いろんな体験をしながら私も最近は行動しています。
「いい人生だったな・・・」と自分で思えるようになりたいから。

心優しく♪
aki@愛知の庭♪
あざみさんへ
今晩は☆

最近ようやく美術館へ行きたいと思うように
なりました。なんか心が落ち着きます。
市内にいくつかあるのでありがたいです。
あざみさんのところは近くにないんですね。
遠いとやはり足が遠のきます。

いじめないで!
aki@愛知の庭♪
hirugaoさんへ
今晩は☆

hirugaoさんが一人でもよく出かけられるので
私も見習いたいと思ってました。
一人はゆっくりできるのでいいものですね。
叉行きたいです。

夫はお墓参りだけの時は行きません。
出かけるついでに寄ったので
仕方なく行きました。
あちらの身内なのにね。
家単位で考える人なので嫁がするのは
当然と思ってます。
私も将来の家なので行きますが、
時々本当にここへ入って叉いじめられないか?と
思ってしまいます。


あみもと
ボストン美術館か、いいですね。
自分のペースで日本の最高美術を
直に鑑賞できて、貴重な時間でしたね。

アゲハ蝶、、きれいに
撮れてる~☆





幸運♪
aki@愛知の庭♪
あみ・もとさんへ
今晩は☆

美術はよく分かりませんが、
立ち止まってずっと観ていたい感覚になります。

なかなかアゲハチョウは写せませんが、今回は
幸運でした♪

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
気軽に美術館に行けて 良いですね

市内にあるのが いいな
こちらは 大阪か 神戸に行かなくては・・

最近は 面倒になって 出かけてない 
ボケるかな あははは
2012/07/07(Sat) 17:02 | URL  | あざみ #3eQvvr92[ 編集]
一人での行動
akiさん

一人での美術館はいかがでしたか?
時にはいいものでしょう!
ゆっくり自分のペースで見られますしね。

でもご主人と一緒のお墓参りは良かったですね。
少しずつ変わって行けたらいいですよね。

いろんな体験をしながら私も最近は行動しています。
「いい人生だったな・・・」と自分で思えるようになりたいから。
2012/07/08(Sun) 17:15 | URL  | hirugao #J7S1TTU6[ 編集]
心優しく♪
あざみさんへ
今晩は☆

最近ようやく美術館へ行きたいと思うように
なりました。なんか心が落ち着きます。
市内にいくつかあるのでありがたいです。
あざみさんのところは近くにないんですね。
遠いとやはり足が遠のきます。
2012/07/08(Sun) 22:02 | URL  | aki@愛知の庭♪ #-[ 編集]
いじめないで!
hirugaoさんへ
今晩は☆

hirugaoさんが一人でもよく出かけられるので
私も見習いたいと思ってました。
一人はゆっくりできるのでいいものですね。
叉行きたいです。

夫はお墓参りだけの時は行きません。
出かけるついでに寄ったので
仕方なく行きました。
あちらの身内なのにね。
家単位で考える人なので嫁がするのは
当然と思ってます。
私も将来の家なので行きますが、
時々本当にここへ入って叉いじめられないか?と
思ってしまいます。
2012/07/08(Sun) 22:12 | URL  | aki@愛知の庭♪ #-[ 編集]
ボストン美術館か、いいですね。
自分のペースで日本の最高美術を
直に鑑賞できて、貴重な時間でしたね。

アゲハ蝶、、きれいに
撮れてる~☆



2012/07/08(Sun) 22:39 | URL  | あみもと #-[ 編集]
幸運♪
あみ・もとさんへ
今晩は☆

美術はよく分かりませんが、
立ち止まってずっと観ていたい感覚になります。

なかなかアゲハチョウは写せませんが、今回は
幸運でした♪
2012/07/09(Mon) 20:02 | URL  | aki@愛知の庭♪ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。