花々とペット達の写真☆ 日々の思いを綴ります。 感謝を込めて! 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

080824_115948.jpg
 ハイビスカス 
 今年は大きな花が咲きました。木の大きさに比例して
 咲く花も立派になるのかしら


080824_120217.jpg
 紅い薔薇 
 花は小さくなってしまったけれど 
 薔薇を見上げるのは私の庭では初めてです


080824_120152.jpg
 白い薔薇 プリンセスオブウエィルズ 
 ダイアナ妃をイメージして名付けられたのかしら?
 白いお花でしたが今回は赤がちらちらと。不思議


080824_120357.jpg
 紫の桔梗 
 桔梗は夏にもよく咲きますが 涼しくなって色鮮やかです。


080824_120046.jpg
 白い桔梗 
 バックにあるバケツは背景を悪くしていますが 
 留守中の手作り自動水遣り器です。
 ペットボトルと同様に大変お世話になりました。


 昨日は庚申塚の供養で檀那寺の住職さんにお経を上げてもらい
 近隣の方々で慰霊祭を行いました。
 弘治2年8月24日の稲生合戦(織田信長と弟信行の家督争い)
 での死者を弔う塚と 庚申信仰(中国の道教の流れ)が結びついて
 庚申塚と呼ばれるようです。
 インターネットで調べたら東京の方で庚申塚の地名があるようです。

 夜は親戚の通夜で実家の方へ行って 帰りには母弟妹と4人で
 初めて食事をして来ました。ホント初めてなんです。
 義妹が亡くなってから実家も寂しくなりましたが 姪のいい話もあって
 これからは幸せの芽が伸びて来るようにと弟の顔を見て思いました。

 


スポンサーサイト

【2008/08/25 07:56】 | 未分類
トラックバック(0) |

No title
ちろまま
地方によって、いろんな慣習があるんですね。
庚申塚って名前はよく聞きますけど、私が聞くのは東京のでしょうか?
勉強不足で申し訳ないです。
そういった慣習はいつまで残っていくのでしょうね。
だんだん忘れられていくのでしょうか?
寂しいことですけど。。。

明けない夜はない、来ない春はない。。。って言いますから
akiさん、これからは明るい出来事が続くと思いますョ。
手始めに、皆さんで食事だったんですね。
そうやって、輪が広がっていくんでしょう。

庭もまだまだ次々花が咲いてて、ほんとにうらやましいです。
我が家で勢いがいいのは草だけですョ~。



ちろままさん
aki@愛知(名古屋)
庚申信仰は室町時代から盛んになり
庚申塚は全国的にあるようですよ。
我が家は昔から世話役を勤めていますが
庚申塚を守って行くのも後継者がいなくて大変なようです。
史跡を勉強すると歴史を学ぶ事になっていいですね。

我が家でも一番勢いがいいのは草ですよ。草の中から所々にお花が顔を出しています。




庚申塚
ささゆり
ここも庚申塚は村の入り口にありますよ。
今は御貴船様などと一緒の建物の中に入れて、
農作業に関するお祭りとかしたり、お彼岸はそこで寄り事をしています。

信長の合戦の時からのだったら、歴史がありますね。

家も白い桔梗があったのですが、今年は生えてないです。
無くなったのでしょうね~残念です~
紫も白も可憐ですね♪
バラも咲く枝により色が混じるって事が、あるのでしょうね。
不思議ですね。



ささゆりさん
aki@愛知(名古屋)
やはり庚申塚はあちらこちらにあるのですね。
ここら辺りでは年配の女性の参詣コースになっています。

桔梗は鉢植えでいくつかありますが
丈夫で特に防寒しなくても越冬します。
りんどうは何度植えても生えて来ませんが・・・・・

ホント植物は思わない色が出て来たりして
不思議です!


こんばんわ
蝶々
家のバラもちらほら咲いていますけど、5月ごろに咲くバラと比べると、とても貧弱です。
管理が悪いのかしら?なんて思ってしまいます。
akiさん宅は綺麗に咲いていますね。
桔梗のお花もきれいだわ。
私、桔梗のお花ってまだ一度も庭に植えた事がないのよ。

蝶々さん
aki@愛知(名古屋)
家のもお花は小さいですね。
でも夏にこんなに咲いたのは今年が初めてです。
鉢植えの方は殆ど咲きませんでした。
夏には咲かせない方がいいと聞きますね。
でも私は蕾のまま採ってしまうのは忍びないので
咲かせてしまいます。
楽しいからいいです。

桔梗は手間いらずで冬にも強くていいですよ。
夏の間から咲き続けています。

桔梗
muku
実家の母が、桔梗が好きでした。
(まだ生きていますから、変な表現でしょうね)

小さいころ住んでいた団地には庭があったので、
そこには植えてありました。
それ以後、桔梗が好きだという話を
聞いてはいませんが、花を見ると
思い出します。

もうそういう季節なんですね(^.^)

mukuさん
aki@愛知(名古屋)
桔梗は育て易くて植えれば何もしなくていいんです。
鉢植えにすれば水遣りをする事ぐらいです。
秋のイメージですが暑い夏の間からよく咲きますよ。
楽しませてもらっています☆


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
No title
地方によって、いろんな慣習があるんですね。
庚申塚って名前はよく聞きますけど、私が聞くのは東京のでしょうか?
勉強不足で申し訳ないです。
そういった慣習はいつまで残っていくのでしょうね。
だんだん忘れられていくのでしょうか?
寂しいことですけど。。。

明けない夜はない、来ない春はない。。。って言いますから
akiさん、これからは明るい出来事が続くと思いますョ。
手始めに、皆さんで食事だったんですね。
そうやって、輪が広がっていくんでしょう。

庭もまだまだ次々花が咲いてて、ほんとにうらやましいです。
我が家で勢いがいいのは草だけですョ~。

2008/08/25(Mon) 12:34 | URL  | ちろまま #-[ 編集]
ちろままさん
庚申信仰は室町時代から盛んになり
庚申塚は全国的にあるようですよ。
我が家は昔から世話役を勤めていますが
庚申塚を守って行くのも後継者がいなくて大変なようです。
史跡を勉強すると歴史を学ぶ事になっていいですね。

我が家でも一番勢いがいいのは草ですよ。草の中から所々にお花が顔を出しています。


2008/08/25(Mon) 16:42 | URL  | aki@愛知(名古屋) #-[ 編集]
庚申塚
ここも庚申塚は村の入り口にありますよ。
今は御貴船様などと一緒の建物の中に入れて、
農作業に関するお祭りとかしたり、お彼岸はそこで寄り事をしています。

信長の合戦の時からのだったら、歴史がありますね。

家も白い桔梗があったのですが、今年は生えてないです。
無くなったのでしょうね~残念です~
紫も白も可憐ですね♪
バラも咲く枝により色が混じるって事が、あるのでしょうね。
不思議ですね。

2008/08/25(Mon) 17:43 | URL  | ささゆり #-[ 編集]
ささゆりさん
やはり庚申塚はあちらこちらにあるのですね。
ここら辺りでは年配の女性の参詣コースになっています。

桔梗は鉢植えでいくつかありますが
丈夫で特に防寒しなくても越冬します。
りんどうは何度植えても生えて来ませんが・・・・・

ホント植物は思わない色が出て来たりして
不思議です!
2008/08/25(Mon) 19:54 | URL  | aki@愛知(名古屋) #-[ 編集]
こんばんわ
家のバラもちらほら咲いていますけど、5月ごろに咲くバラと比べると、とても貧弱です。
管理が悪いのかしら?なんて思ってしまいます。
akiさん宅は綺麗に咲いていますね。
桔梗のお花もきれいだわ。
私、桔梗のお花ってまだ一度も庭に植えた事がないのよ。
2008/08/25(Mon) 23:41 | URL  | 蝶々 #HfMzn2gY[ 編集]
蝶々さん
家のもお花は小さいですね。
でも夏にこんなに咲いたのは今年が初めてです。
鉢植えの方は殆ど咲きませんでした。
夏には咲かせない方がいいと聞きますね。
でも私は蕾のまま採ってしまうのは忍びないので
咲かせてしまいます。
楽しいからいいです。

桔梗は手間いらずで冬にも強くていいですよ。
夏の間から咲き続けています。
2008/08/26(Tue) 08:42 | URL  | aki@愛知(名古屋) #-[ 編集]
桔梗
実家の母が、桔梗が好きでした。
(まだ生きていますから、変な表現でしょうね)

小さいころ住んでいた団地には庭があったので、
そこには植えてありました。
それ以後、桔梗が好きだという話を
聞いてはいませんが、花を見ると
思い出します。

もうそういう季節なんですね(^.^)
2008/08/26(Tue) 22:54 | URL  | muku #-[ 編集]
mukuさん
桔梗は育て易くて植えれば何もしなくていいんです。
鉢植えにすれば水遣りをする事ぐらいです。
秋のイメージですが暑い夏の間からよく咲きますよ。
楽しませてもらっています☆
2008/08/27(Wed) 08:24 | URL  | aki@愛知(名古屋) #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。