花々とペット達の写真☆ 日々の思いを綴ります。 感謝を込めて! 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 先日の名古屋城の菊花展の一品  根元の茎は一本です。
101117_123319名古屋城・菊

 近所の桜の紅葉です。
101117_112147サクラの紅葉

 
 akiの庭にて 

 ドウダンツツジの紅葉と萩の葉も黄色くなって来ました。
101117_073632ドウダンツツジの紅葉と萩の黄葉

 コトブキ  今一番元気です。
101118_075827コトブキ

 パンジー 
101118_075644パンジー
101118_075659パンジー

 コスモス 
101118_142816コスモス

 鳳仙花  種をあちこちへ飛ばしながら、今頃一輪が咲きました。
101118_075541鳳仙花

名古屋城の菊花展でのお花は本当に素晴らしかった! 大きく広がって多数のお花を咲かせているのも
茎一本から出ています。運んで来るのも大変と思います。
ただあれほどの菊が並べられていても、香りがしなくて不思議でした。
小さい虫がいっぱい寄って来ていてハエかな?と思いましたが、ミツバチだったようです。
「県庁の屋上でみつばち飼育をやっているから」と話されているのが聞こえました。

県庁屋上においてみつばち飼育を行います
[2010年5月11日]

都市域でのみつばちの飼育は、「はちみつ」という生産物(めぐみ)を得られるだけでなく、採蜜行動により、公園の草花・街路樹等を始め多くの植物の受粉を助け、その結果として成熟した実などを求めて、昆虫や鳥が集まるなど生態系を豊かにしてくれます。
 この度、COP10を開催支援する本県として、都会での生物多様性保全についての取組を進めるとともに、愛知の養蜂業をPRするため、県庁本庁舎屋上においてみつばちの飼育を開始します。


松平健さんの奥様・松本友里さんが、パニック障害・不眠症・うつ状態で自殺の悲報
とても悲しいことです。

夫は親・弟達との葛藤による強いストレスで同じ症状に長年苦しみました。欝状態が躁状態になった時に
周りへの猛烈な攻撃(言葉の)が始まり、私はしばらく妹の家に避難しました。二泊した頃、長男から
「今は欝状態で自殺の恐れがあるからすぐ帰るように。」と電話がありました。10年ぐらい前のことです。

現在も薬は飲んでますが去年ぐらいから随分良くなりました。15年かかりました。

大変な病気で、松平健さんのコメントでは、いい先生に巡り会えなかったと言うことです。
医師の言葉も重要ですが、それだけでもないです。家族の協力・ケアが欠かせません。


  私を泣かせてください 歌劇「リナルド」  中丸三千繪
スポンサーサイト

【2010/11/18 18:36】 | 未分類
トラックバック(0) |

No title
あざみ
年取って 色んな事を知ってるつもりでしたが
akiさんの ご主人の病気の話は 衝撃的
びっくりです・・
病は怖いですね・・

お互い がんばろう・・・

今は幸せ!
aki@愛知の庭♪
あざみさんへ

夫の病気はこの頃は報道などもあって認知されて
来ましたが、極近い人にも理解してもらえませんでした。
苦しかった!

いろいろ乗り越えたお陰で今の幸せがあります。
一生何もなく普通に笑って暮らしたかったけど
これも私の運命でした。

はい! 頑張りましょう!
これからは楽しく笑顔で暮らしたいです。

No title
hirugao
名古屋城の菊花展素晴らしかったですね~
こんなにして育てるのは努力が必要なんですね。

パニック症害はつらい病気ですね。
私もこの病名が分かる前になりました。
私は10年くらいかかりましたが信頼できるお医者さんに出会えて立ち直ることができました。
「こんな事では死にませんよ、もしよかったら働きませんかこの病院でもいいですよ。」
きっかけはこの言葉でした。
今ではすっかりよくなりましたが苦しい病気でした。

その時もうひとつ言われました。完璧でなければということからまあ、いいかぐらいに思えるように・・・


パニック発作
aki@愛知の庭♪
hirugaoさんへ

菊花展を見てその素晴らしさに感動しました。
裏では毎日の心のこもったお世話があるんだと思いました。
大きな菊を育ててみたくなりました。

hirugaoさんもパニック障害を患われていたのですね。
夫は強烈な発作に、最初は心臓が悪いと言われてましたが、
何年か経ってパニック発作と分かりました。その後は欝を患って来ました。
一時は、更年期障害と重なった私までが精神的に耐えられなくて、
メンタルクリニックへ行きました。そんな時に孫が生まれたので
私は治ってしまいました。

hirugaoさんも長い年月苦しかったですね。間近で見て来た私には良く分かります。
今は治られたようで良かったです。

確かに、完璧を求めると心には良くないですね。


No title
あみ・もと
ドーム型の菊の花、きれーい!
素晴らしいですね!

鬱病は、本人も周りも辛いですね。
今でこそ認知されてますが
昔は病気が病気だけに誤解されたり。。
結構身近に苦しんでいる人が
多いです、、。
ご主人が良い方に向われて良かったです。


No title
幸せなさち
こんばんは

ご主人様、akiさん
長い間、大変でしたね
回復に向かわれておられるとのことで
一安心ですね
私の主人も言葉の暴力を使うので
気持ちがぺチャンコになるときもよくあります

言った本人は、もうケロッと忘れていますが
言われた方はいつまでも心に残りますね

主人も心の病気かなぁ

周りの理解
aki@愛知の庭♪
あみ・もとさんへ

お花を見ていると夢中になって
その世界に入り込んでしまいます。
自分でも一輪でいいから大きな菊を育ててみたい!
と思いました。

どんな病気も経験してみないと
その苦しさは分かりませんね。
どれだけ周りの人が理解してあげることができるか?
が大切です。

鬱病から脱出できたかな?
aki@愛知の庭♪
幸せなさちさんへ

おはようございます!

ご主人様は病気ではないですね。
普通に働いて日常生活ができれば
問題ないです。

鬱病は夫の場合は時には躁状態になりますが、
普段は暗くて下を向いて何もできません。
人としてする朝起きて洗顔して朝食を摂って・・・・
その他普通にすることができません。
睡眠障害・摂食障害があり全く食べない日もありました。
「食べない?」と聞くと返事は「食べたくないのに
聞かれる辛さがお前に分かるか?」でした。
家から一歩も一人で出れませんでした。15年です。

治りつつあると感じ始めたのは、4年前に義父が亡くなった頃からです。
哀しい親子です。

ブログで他人に言えない事が吐き出せて、私は幸せです。
聞いて下さって有り難うございます。

ご主人の言葉の暴力は、ケロッとしてらっしゃれば、
単に奥様に甘えてらっしゃるだけと思ってあげて下さい。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
No title
年取って 色んな事を知ってるつもりでしたが
akiさんの ご主人の病気の話は 衝撃的
びっくりです・・
病は怖いですね・・

お互い がんばろう・・・
2010/11/18(Thu) 19:49 | URL  | あざみ #mQop/nM.[ 編集]
今は幸せ!
あざみさんへ

夫の病気はこの頃は報道などもあって認知されて
来ましたが、極近い人にも理解してもらえませんでした。
苦しかった!

いろいろ乗り越えたお陰で今の幸せがあります。
一生何もなく普通に笑って暮らしたかったけど
これも私の運命でした。

はい! 頑張りましょう!
これからは楽しく笑顔で暮らしたいです。
2010/11/18(Thu) 21:58 | URL  | aki@愛知の庭♪ #-[ 編集]
No title
名古屋城の菊花展素晴らしかったですね~
こんなにして育てるのは努力が必要なんですね。

パニック症害はつらい病気ですね。
私もこの病名が分かる前になりました。
私は10年くらいかかりましたが信頼できるお医者さんに出会えて立ち直ることができました。
「こんな事では死にませんよ、もしよかったら働きませんかこの病院でもいいですよ。」
きっかけはこの言葉でした。
今ではすっかりよくなりましたが苦しい病気でした。

その時もうひとつ言われました。完璧でなければということからまあ、いいかぐらいに思えるように・・・
2010/11/19(Fri) 11:29 | URL  | hirugao #J7S1TTU6[ 編集]
パニック発作
hirugaoさんへ

菊花展を見てその素晴らしさに感動しました。
裏では毎日の心のこもったお世話があるんだと思いました。
大きな菊を育ててみたくなりました。

hirugaoさんもパニック障害を患われていたのですね。
夫は強烈な発作に、最初は心臓が悪いと言われてましたが、
何年か経ってパニック発作と分かりました。その後は欝を患って来ました。
一時は、更年期障害と重なった私までが精神的に耐えられなくて、
メンタルクリニックへ行きました。そんな時に孫が生まれたので
私は治ってしまいました。

hirugaoさんも長い年月苦しかったですね。間近で見て来た私には良く分かります。
今は治られたようで良かったです。

確かに、完璧を求めると心には良くないですね。
2010/11/19(Fri) 16:42 | URL  | aki@愛知の庭♪ #-[ 編集]
No title
ドーム型の菊の花、きれーい!
素晴らしいですね!

鬱病は、本人も周りも辛いですね。
今でこそ認知されてますが
昔は病気が病気だけに誤解されたり。。
結構身近に苦しんでいる人が
多いです、、。
ご主人が良い方に向われて良かったです。
2010/11/19(Fri) 20:42 | URL  | あみ・もと #-[ 編集]
No title
こんばんは

ご主人様、akiさん
長い間、大変でしたね
回復に向かわれておられるとのことで
一安心ですね
私の主人も言葉の暴力を使うので
気持ちがぺチャンコになるときもよくあります

言った本人は、もうケロッと忘れていますが
言われた方はいつまでも心に残りますね

主人も心の病気かなぁ
2010/11/19(Fri) 22:19 | URL  | 幸せなさち #BPVKXLjE[ 編集]
周りの理解
あみ・もとさんへ

お花を見ていると夢中になって
その世界に入り込んでしまいます。
自分でも一輪でいいから大きな菊を育ててみたい!
と思いました。

どんな病気も経験してみないと
その苦しさは分かりませんね。
どれだけ周りの人が理解してあげることができるか?
が大切です。
2010/11/20(Sat) 06:54 | URL  | aki@愛知の庭♪ #-[ 編集]
鬱病から脱出できたかな?
幸せなさちさんへ

おはようございます!

ご主人様は病気ではないですね。
普通に働いて日常生活ができれば
問題ないです。

鬱病は夫の場合は時には躁状態になりますが、
普段は暗くて下を向いて何もできません。
人としてする朝起きて洗顔して朝食を摂って・・・・
その他普通にすることができません。
睡眠障害・摂食障害があり全く食べない日もありました。
「食べない?」と聞くと返事は「食べたくないのに
聞かれる辛さがお前に分かるか?」でした。
家から一歩も一人で出れませんでした。15年です。

治りつつあると感じ始めたのは、4年前に義父が亡くなった頃からです。
哀しい親子です。

ブログで他人に言えない事が吐き出せて、私は幸せです。
聞いて下さって有り難うございます。

ご主人の言葉の暴力は、ケロッとしてらっしゃれば、
単に奥様に甘えてらっしゃるだけと思ってあげて下さい。
2010/11/20(Sat) 07:14 | URL  | aki@愛知の庭♪ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。